海外サプリ摂取でのドーピング違反について

2015.12.15 Tuesday

ずっと以前からアスリートのドーピング違反が発覚した際に使用される文言、

 

「海外のサプリメントを飲んだら思いもよらない成分が入っていた。だから意図的ではない

 

なんとなく同情をしてもらうための言い訳。

 

全然だめですから。
まず、今どき内緒で違反成分を混入させるようなメーカーはないです。

 

十数年前は、劇的な効果を謳ってプロテインにすらステロイドが混入されていた、という噂もありましたが...

 

基本、名の知れた販売サイトで扱っているのは、名の知れた有名なメーカーの商品ばかりです。

 

まさか怪しいサイトで、中国製やインド、タイ製などの商品を注文などしないでしょう。

 

でも気をつけないといけないのが、Gaspariなど超有名メーカーのものでもドーピングにひっかかる成分が入っている商品もあるということ。

 

それらは、成分ラベルに載ってはいるものの、英語表記なのでわかりにくい場合も。

 

なので、よく分からないときはネット検索で調べたり、日本語の販売サイトなら

 

「ドーピング検査のあるアスリートは摂取しないでください」

 

という説明があるはずなので十分注意を。

 

ボディボックスでは違反成分を含む商品は扱っていないのでご安心を。

 

ただ!

 

JADA(WADA)の違反成分のリストは毎年更新されて、新しい成分が追加されるので、今まで大丈夫だったものがある日突然違反成分に、ということも有り得ます。

 

それからあまりにも安価な商品は、米国メーカーであっても中国などの劣悪な環境で製造され、隣のラインで使用されている違反成分が飛散して、僅かでも混入してしまう、という可能性もゼロではないので、製造国には特にご注意を。

 

そしてあまりにも安価な商品には飛びつかないことをおすすめします。
ではでは。

 
関連する記事