プチ断食のすすめ

2019.03.01 Friday

長期間、毎食のカロリーを制限して行うダイエットは精神的にも非常に辛いものだ。

そこで、簡単にそして効果絶大のダイエット方法を紹介する。


”ファスティングダイエット”


ファスティング=fasting とは、英語で断食する、絶食するという意味で

朝食の英単語「breakfast」もここに由来し、朝ごはんを食べることで断食を終えるということだ。


 


プチ断食、具体的には1日のうち8時間の間だけが食事を取ってよい時間とする。

例えば、20時から翌日の12時までを断食時間としてみる。

朝ごはんは食べないということになるが、問題はない。



ただ最初の1週間は慣れないために、空腹感があるかもしれない。

昼の12時から夜の8時までを食事をしてよい時間にすることで、

毎日睡眠時間を含む16時間が絶食時間となる。


このことにより、16時間の間にカロリー消費が促され、

サーチュイン遺伝子(飢餓を感じて生き残ろうとする遺伝子)が活発化して細胞が若返ろうとする。

さらには内臓を休ませることになり、美容と健康の効果も倍増される。

固形物の代わりにプロテインを飲むことでその効果たるやである。


ちなみに女性は断食時間は14時間ていどにしてもよい、とされている。


 

JUGEMテーマ:ダイエット