Gaspari SP250でドーピング違反?を解説します。

2016.01.14 Thursday

今朝の朝刊にも載っていた
 
「ボディービル選手がドーピング違反」

せめて、ボディービルじゃなくてボディビルと表記していただきたい。
 
そしてこの件に関してはいろんな方から見解を訊かれるのでちょっとまとめてみました。
 
    
 
GaspariNutrition社 SP250
 
その詳細ですがボディビル連盟が発表した聴聞内容文を要約すると、「SP250」なる名称の一酸化窒素系サプリメントには興奮剤として使用を禁止されているオキシロフリン(シネフリン)が含有されており、競技者が海外事業者の開設したウェブサイトにて購入、使用した。
 
競技者は購入前に当該サプリメントについてインターネット上で調査を行ったが、禁止物質の存在は確認できなかったとのこと。
さらには、ウェブサイトの運営会社はボディビル連盟公認のサプリメントメーカーだったため、信頼できると判断したと主張。
 
英語表記での「本製品は特定の団体によって禁止される物質を含む可能性があり、全て自己責任によって摂取すべき」という文言を見れば一目両全だと断罪している。
 
 
 
これは選手にはきつかったですねえ....
 
英文さらっと見ても読めませんから。
 
そして、成分表にはオキシロフリンともシネフリンとも書いていないし。
 
実はオキシロフリン(シネフリン)はダイダイの皮と果実に含まれたりします。
 
エフェドリンと類似の構造をして交感神経、副交感神経混合型興奮作用を有していることから、この成分を加工し、「シトラス」という名称でアメリカでダイエット用のサプリメントとして多く使用されています。
 
有名な商品ではSAN Tight! などにもそのものの「シネフリン」が製品ラベルに記載されていました。
 
そしてダイダイは英語表記でCitrus Aurantium。
 
Gaspari SP250の製品ラベルにもちゃんと載っています。
 
こんな成分を安易に使用する海外メーカーのサプリが悪いのか、それとも無知が罪なのか。
 
難しいですね。
 
まずは新しい商品の説明文をみて、「効きそうやなあ」とすぐに飛びつかないほうが賢明かと。